注文住宅 失敗 成功

注文住宅でよくある失敗と成功

注文住宅は建築業者によって規定があるものの、その条件をクリアすればデザインや間取り、仕様、設備などを全てフルオーダーでつくることができるというメリットがありますが、

 

 

生活スタイルやその家族構成にあった間取りでないと、不便で生活しづらいということがデメリットとしてあげられます。

 

 

これから注文住宅を検討されている方はどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

 

 

実際に注文住宅で建てられ失敗した部分や注文住宅でよくある失敗談をまとめてみました。

 

 

【失敗談】

 

・ガスの床暖房は標準仕様で付いていたけれど全く使わない。

 

・キッチンに備え付けの食洗機が付いているけれど全く使わない。

 

・台所にパントリーをつくっておけばよかった。

 

・トイレの壁や床も自由に選ぶことができ、デザイン重視で選んだけれど、トイレの壁と床は掃除のしやすい加工のものを選んでおくべきだった。

 

・トイレを広くしたけれど冬はとにかく寒い。

 

・部屋干し用のスペースをつくっておくべきだった。雨の日や花粉、黄砂などで外に干せない時に干す場所がなく困る。

 

・吹き抜けは暖房が効かなく寒いし、声も響くので後悔している。

 

・大きな窓にしたけれど、掃除は大変だしカーテンのサイズがオーダーになり、カーテン代は高くなってしまった。

 

・照明はダウンライトにしたけれど暗い。

 

・床を白にしたら髪の毛やゴミが落ちているとすごく目立ち、こまめに掃除をしなければならないので床はダーク系の色にした方がよかった。

 

 

 

などなど様々な失敗談がありますが、標準仕様で床暖房や食洗機などが付いているけれど使わないというケースも少なくありませんので、事前に必要な機能なのかということを考えておく必要があります。

 

 

 

一方注文住宅の成功談としてはどのようなことがあるのでしょうか。

 

 

【成功談】

 

・室内に洗濯物を干すスペースを確保しておいたので、雨の日などは非常に助かる。

 

・2階にも部屋干し用のスペースを設けたので、毛布やタオルケットを干しておくのに便利。

 

・収納スペースは多すぎるかな、、、と思うぐらい確保しておいたけれど、子供が成長するにつれ物も増えていくので沢山収納スペースを設けておいて良かった。

 

・ガスの床暖房を付けたけれど、ガスファンヒーターが要らないぐらい温かく冬はかなり活用している。

 

・リビングが南側にあり、そこに大きな窓をつくったので、天気が良い日は日中電気をつけることなく部屋の中が明るく電気代も節約できる。

 

・ベランダを南側につくったので洗濯物がよく乾く。

 

・コンセントの数は少し多いかな?と思いつつ、そのまま付けてもらったけれど実際に生活してみると丁度ぐらいだった。

 

・コンセントが付いている位置が良く掃除機などをかける時も非常にスムーズ。

 

 

などなど様々な成功談があります。

 

 

注文住宅 価格は、注文住宅の価格などが紹介されています。

 

 

注文住宅を検討されている方は参考になさって下さい^^