注文住宅 失敗

注文住宅で失敗しないためのポイント!

注文住宅はフルオーダーで建てることができますので、注文住宅を選ばれる方はこだわりや理想の家があるといった方が大半ではないかと思いますが、

 

 

注文住宅は自分たちの要望で好きなようにオーダーすることができますので、何かと失敗してしまうというリスクもあるのです^^;

 

 

実際に生活してみると多かれ少なかれ不便に思ってしまうところはあるのではないかと思いますが、注文住宅で失敗しない為にはどのようなことに注意したらいいのでしょうか。

 

 

まず注文住宅で建てる場合間取りが非常に重要だと言われており、間取りは生活しやすい、生活しづらいに大きく影響します。

 

 

 

充分に考えたはずの間取りであっても、いざ生活してみると家事が行いにくかったり、スムーズに動けなかったりなど生活しづらいというケースは少なくないようです。

 

 

 

もちろん建築業者に要望を伝えるとそれを取り入れた間取りを提案してくれますが、家族の細かい動きなどを把握した上で間取りを提案してくれることはまずないと思います。

 

 

 

実際に住宅メーカーの提案されたままの間取りで建てたら、生活しにくく後悔しているという話もあります。

 

 

 

間取りを考える上で、どのような生活スタイルなのか、家族構成なのかということも非常に大切なポイントですし、

 

 

 

生活していく上で動きにくく不便なところはないかなど、実際に生活動線をイメージしておく必要もあります。

 

 

 

そして日中の光のあたり具合や、風の通りかた、土地の形状によっても最適な間取りは異なると言われていますので、そのような視点からも間取りを考えていく必要があります。

 

 

また収納力は充分か、コンセントの数は充分か、電化製品を置いた時などにコンセントの位置に困ることはないか、など小さな部分は見落としやすいですが、収納力やコンセントに関する失敗談が非常に多いです。

 

 

 

収納力はかなり多く設けたつもりだったけれど、すでに収納スペースに物がいっぱいで収納できないという話をよく聞きます。

 

 

 

逆にその時は必要なかったけれど、玄関に将来子供ができた時にベビーカーが必要になると思い、土間収納を作っておいたが、子供が生まれ非常に土間収納が役に立っているという意見もあります^^

 

 

 

収納スペースに関しては、今後家族が増える予定のある場合は将来のことも考えた上で必要なスペースをしっかりと確保しておくことをお勧めします。

 

 

 

コンセントの位置や数に関しては、いざ生活して電化製品を置いたり、掃除機を使う時などに、“なんでここにないの?”ということもあるようですし、

 

 

 

位置に関しては家具や電化製品を置いた時に配線やコード類がキレイに隠れる場所が理想ですが、テレビ裏の配線が見えまくっており見苦しいという話も聞きますので、事前に家具や電化製品を置く位置を考えておき、コンセントの数や位置に問題がないか見直す必要もあります。

 

 

下記の「タウンライフ家づくり」では、無料で各ハウスメーカーや工務店の間取りプランや支払総額などが、

 

 

一度に比較でき、もらえます。注文住宅の失敗で一番多いのは間取りですので、

 

 

一社に絞らず、いろいろな会社の間取りを比較しておくと失敗しないですみますので、おすすめします。

 

 

支払総額もどこが一番安いかもわかりますので、お得に家を購入することができますよ。

 

 

 

 

注文住宅は建築業者によって規定があるものの、その条件をクリアすればデザインや間取り、仕様、設備などを全てフルオーダーでつくることができるというメリットがありますが、

 

 

生活スタイルやその家族構成にあった間取りでないと、不便で生活しづらいということがデメリットとしてあげられます。

 

 

これから注文住宅を検討されている方はどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

 

 

実際に注文住宅で建てられ失敗した部分や注文住宅でよくある失敗談をまとめてみました。

 

 

【失敗談】

 

・ガスの床暖房は標準仕様で付いていたけれど全く使わない。

 

・キッチンに備え付けの食洗機が付いているけれど全く使わない。

 

・台所にパントリーをつくっておけばよかった。

 

・トイレの壁や床も自由に選ぶことができ、デザイン重視で選んだけれど、トイレの壁と床は掃除のしやすい加工のものを選んでおくべきだった。

 

・トイレを広くしたけれど冬はとにかく寒い。

 

・部屋干し用のスペースをつくっておくべきだった。雨の日や花粉、黄砂などで外に干せない時に干す場所がなく困る。

 

・吹き抜けは暖房が効かなく寒いし、声も響くので後悔している。

 

・大きな窓にしたけれど、掃除は大変だしカーテンのサイズがオーダーになり、カーテン代は高くなってしまった。

 

・照明はダウンライトにしたけれど暗い。

 

・床を白にしたら髪の毛やゴミが落ちているとすごく目立ち、こまめに掃除をしなければならないので床はダーク系の色にした方がよかった。

 

 

 

などなど様々な失敗談がありますが、標準仕様で床暖房や食洗機などが付いているけれど使わないというケースも少なくありませんので、事前に必要な機能なのかということを考えておく必要があります。

 

 

 

一方注文住宅の成功談としてはどのようなことがあるのでしょうか。

 

 

【成功談】

 

・室内に洗濯物を干すスペースを確保しておいたので、雨の日などは非常に助かる。

 

・2階にも部屋干し用のスペースを設けたので、毛布やタオルケットを干しておくのに便利。

 

・収納スペースは多すぎるかな、、、と思うぐらい確保しておいたけれど、子供が成長するにつれ物も増えていくので沢山収納スペースを設けておいて良かった。

 

・ガスの床暖房を付けたけれど、ガスファンヒーターが要らないぐらい温かく冬はかなり活用している。

 

・リビングが南側にあり、そこに大きな窓をつくったので、天気が良い日は日中電気をつけることなく部屋の中が明るく電気代も節約できる。

 

・ベランダを南側につくったので洗濯物がよく乾く。

 

・コンセントの数は少し多いかな?と思いつつ、そのまま付けてもらったけれど実際に生活してみると丁度ぐらいだった。

 

・コンセントが付いている位置が良く掃除機などをかける時も非常にスムーズ。

 

 

などなど様々な成功談があります。

 

 

注文住宅 価格は、注文住宅の価格などが紹介されています。

 

 

注文住宅を検討されている方は参考になさって下さい^^

続きを読む≫ 2014/05/28 16:05:28

注文住宅で建てたけれど、いざ住んでみるとこうしておけば良かったと後悔するというケースは少なくありません^^;

 

 

注文住宅で多い失敗として、窓に関する失敗談も非常に多いですね。

 

 

いくつか窓に関する失敗談を紹介します。

 

 

・窓を沢山付けたら、壁の部分が少なくなってしまい家具を置く配置場所が限られてしまった。またカーテン代も高くついた。

 

 

・大きな窓に変更できたので大きな窓にしたら掃除が大変だし、既製品のカーテンだとサイズがないのでオーダーになってしまいカーテン代が高くついた。

 

 

・道沿いに窓があるけれど、外からの視線が気になる。

 

 

・西側に窓があるけれど、夏場は温度が上昇し非常に室内が暑く、冷房の効きが悪い。

 

 

・隣に家が建ったので日が遮られてしまい、日当たりが悪くなった。
隣に何か建った時のことも考えて窓の配置を考えておけばよかった。

 

 

などなど窓に関するトラブルは多いです。

 

 

特に窓に関する失敗談では、

 

 

@暑さ、寒さに関する失敗談

 

A明るさ、暗さに関する失敗談

 

B外からの視線や視界に関する失敗談

 

 

が多いようですね^^;

 

 

窓に関するトラブルを防ぐには以下のようなことを注意する必要があります。

 

 

・夏は日が入りにくく、冬はよく日が入るなどの工夫がなされているか

 

 

・窓の大きさや設置場所などに問題はないか
⇒窓の大きさや周囲の建物の影響によっても日の入り方に大きく影響します。
隣の土地が空き地なら、今後何か建つ可能性もありますので日当たりのことを考えて、隣に何か建っても日が入るように窓を設置しておくなどの対策が必要になります。

 

 

・窓やドアの位置は外からの視線が気にならない場所に設置されるか
⇒特に道路沿いに窓がある場合や大きな窓を付ける場合は、外からの視線について考えておく必要があります。

 

 

 

家は気に入らないからといって簡単に買い替えられるものではありません!
生活する上で問題点はないか、その間取りで快適に暮らせるのかということを充分に検討なさって下さい。

続きを読む≫ 2014/05/28 16:04:28

家づくりにおいて間取りが非常に重要になってきますが、完璧に考えたはずの間取りであっても実際に生活してみると、生活しづらいというケースも非常に多いと言われています。

 

 

注文住宅の間取りに関する失敗談を集めてみました^^;

 

 

・家事動線が悪く家事がスムーズに行えなく、時間がかかってしまう。

 

 

・何も考えずに道沿いに窓をつくったけれど、外からの視線が気になる。

 

 

・室内に洗濯物を干すスペースがないので、雨の日や花粉の季節は仕方なくリビングに干している。

 

 

・コンセントが足りない、あと少しの距離が届かない。

 

 

・収納スペースはかなり多く設けたつもりだったけれど、すでにいっぱいでしまえない、片付けられない。

 

 

などなど間取りに関して様々な失敗がありますが、特に電気コンセントや収納スペースに関しての失敗談が目立っているように感じます^^;

 

 

間取りなどは要望を伝えると提案されることが多いですが、実際にその間取りで生活した時のイメージをしっかりと持つことも、失敗しない間取りづくりの為には必要になってきます。

 

 

間取りづくりで失敗しない為にはどのようなことに注意するといいのでしょうか。

 

 

いくつか注目すべきポイントを紹介します^^

 

 

・家事や育児がしにくいなどの不便なところはないか。
住宅メーカーによっては家事や育児を行いやすいような間取りやプランが用意されていますので、それを参考にママ目線にたって間取りを考えたり、生活していく上で動きにくく不便なところはないかなどを考えていく必要があります。

 

 

・朝の身支度など家族の行動が集中する場所はないか。
混雑するところはないか、混雑するところのスペースは充分に確保されているか。

 

 

・収納スペースはしっかりと確保できているか。
ただ広く収納スペースを確保しておくだけではなく、収納したいものの量や広すぎて物が取りにくくないか、よく使う物は出し入れしやすいところに収納できるかということも考えておく必要があります。

 

 

 

限られた土地や面積の中で、それぞれに適した広さを確保しておく必要があります。

 

 

間取りは生活しやすい、生活しづらいに大きく影響しますので、家族全員の動きや生活する上での動きについてもしっかりと考えておかなければなりません!

 

 

また日中の光のあたり具合や、風の通り、土地の形状によっても最適な間取りは異なると言われていますので、そのようなことも考えつつ間取りづくりを進めていく必要があります。

続きを読む≫ 2014/05/28 16:01:28

注文住宅は全てフルオーダーでつくることができるので、間取りやデザイン、仕様や設備などにこだわることができますが、完璧にこだわったはずの間取りや仕様であっても、いざ生活してみると非常に生活しづらいというケースも少なくありません。

 

注文住宅でよくある失敗談を集めてみました^^;

 

・雨の日用に洗濯物の部屋干しスペースを作っておくべきだった。

 

⇒天気が悪い日だけではなく、花粉や黄砂が気になり外に干せないこともあります^^;室内の物干し場についても考えておくべきだったという失敗談は結構多いのです。

 

・憧れの吹き抜けにしたけれど後悔している。

 

⇒暖房がなかなか効かないので冬はとにかく寒いという意見が多いです。

 

・提案されるまま和室をつくったけれど、もっとしっかりと検討すればよかった。

 

⇒畳替えや障子、襖の張替えなどで後々お金が結構かかるそうです。

 

 

そして注文住宅の失敗談で特に多いことが収納に関することです。

 

・収納スペースはかなり多く設けたつもりでしたが、すでにいっぱいで全然足りない。

 

・子供が成長するにつれ収納物が増えてきて、収納スペースに収まりきらずに家の中がごちゃごちゃしている。

 

・ウォークインクロゼットですが、実際使ってみると収納力に関しては不満足。

 

など収納に関する失敗談は多いですから、どんなものを収納するのか、その収納スペースで充分なのか、将来家族が増えても収納スペースはしっかりと確保できているのか、などを充分に検討してみて下さい。

 

しかし収納スペースをただたんに確保しておけばいいというものではありません^^;

 

確かに収納は沢山あると便利ですが、奥行きが深すぎたりして使い勝手が悪いとその収納スペースをいかすことはできませんので、

 

ある程度どんなものを収納するか考えた上で、収納スペースを確保しておくことが重要なのです^^

続きを読む≫ 2014/05/28 16:00:28